Event is FINISHED

20台以上のSonosスピーカーで鑑賞!ホームシアター型映画上映イべント「Sonos Movie Night hosted by Kan Sano」開催!

Description

11/7(木)追加チケットの販売を開始いたしました!


カリフォルニア・サンタバーバラ発のスマートサウンドシステム『Sonos』(ソノス)と、新たなシアター体験を作り出すプロデュースチーム『Do it Theater』と、デンマーク発のインテリアプロダクトブランド『HAY』(ヘイ)とのコラボレーション企画として、11月14日(木)の夜、HAY TOKYOにてホームシアター型映画上映イベント「Sonos Movie Night hosted by Kan Sano」を開催!

「Sonos Movie Night」は、<My room, My style, My sound.>をコンセプトに、まるで自分の家にいるような空間で寛ぎながら、良質なサウンドで映画を体験できるホームシアター型上映イベントです。
HAY TOKYOの閉店後の店内をプライベートなホームシアターの空間に変え、ミュージシャンKan Sano氏がセレクトした映画をご本人と一緒に鑑賞し、一夜限りの特別な映画上映会を楽しみましょう。

Kan Sano氏は「家で過ごす時間の中で映画を観たりレコードを聴くのは一番好きな時間です。家なら映画を観る時の飲み物、部屋の明るさ、温度、座る椅子やソファ、再生機器のシステム、すべて自分好みにカスタマイズできる。当然のことだけどある意味究極の贅沢だなと。より体験を濃くするために音に拘るのは重要なこと。どんな体験ができるのかとても楽しみです」とコメント。

Kan Sano氏がセレクトした上映作品は、日本でも大ブームを巻き起こしたアメリカの人気テレビシリーズ「ツイン・ピークス」の前日譚となる、デイヴィッド・リンチ監督「ツイン・ピークス ローラ・パーマー最期の七日間」。
当日、会場に20台以上設置されるSonosスピーカーが映画の臨場感溢れる世界観をリアルに再現します。



【イベント概要】
タイトル: 「Sonos Movie Night hosted by Kan Sano」
開催場所: HAY TOKYO(〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5丁目10-1 GYRE B1)
開催日時: 2019年11月14日(木)
開場19:30 開演20:00 上映開始20:30 終了予定23:00
(フード&ドリンクは19:30〜22:00)
入場料:1000円
出演(ホスト):Kan Sano
上映作品:「ツイン・ピークス ローラ・パーマー最期の七日間」(日本語字幕/135分)

[主催]Sonos
[シアタープロデュース]Do it Theater
[協力]HAY TOKYO


【注意事項】
・上記イベントの様子は主催者、主催関係者、協力企業・団体、プレスによる撮影を行わせて頂く可能性がございます。撮影した内容は上記、各団体の広報・宣伝活動、レポート等で利用させて頂く可能性がございますので、予めご了承ください。
・地震または災害が発生した場合には、主催者の判断により参加者の安全確認を優先し、場合によってはイベントを一時中断又は中止させていただく場合もございます。
・運営上の都合により、定員数を追加する場合もございます。


【プロフィール】

■Sonos(ソノス)
Sonos(Nasdaq:SONO)は、カリフォルニア州サンタバーバラに本社を構える、マルチルームのワイヤレススマートホームサウンドシステムを索引する企業。この上ないオーディオ体験と、家具に調和するこだわりのデザイン性、使いやすさ、オープンプラットフォームをご提供することで、誰もが幅広いサウンドコンテンツを楽しめるような製品をお届けしている。現在、全世界で約700万世帯約1,900万台のスピーカーがユーザーの皆様の生活を音楽で満たしている。
HP:https://www.sonos.com/ja-jp
SNS:Instagram https://www.instagram.com/sonos_japan/
Twitter https://twitter.com/Sonos_japan



■HAY(ヘイ)
HAYはRolf Hayが2002年に設立し、2003年のケルンフェアでデビューした、デンマークのインテリアプロダクトブランド。50年代、60年代のデンマーク家具デザインを大切にしながらも、新しいデザインを取り入れた商品開発を行っている。
北欧デザインというカテゴリーにこだわらず、インターナショナルな視点を持ち、家具、インテリアアクセサリーからデコレーションアイテム、ステーショナリーなど、ライフスタイル全体をコーディネートするコレクションを展開。ホームユースのプロダクトだけでなく、ホテルやレストラン、教育施設など多くのプロジェクトも手掛けている。
HP:https://www.welcome.jp/brands/hay




■Do it Theater(ドゥイット・シアター)
"あたらしいシーンは、Theaterからはじまる"をテーマに、シアター体験を作り出すプロデュースチーム。
累計5万人以上が来場した野外シアター「品川オープンシアター」や横浜赤レンガ倉庫とマリンアンドウォークヨコハマの2会場同時開催の「シーサイドシネマ」、ロックバンドSuchmosとタッグを組んだ「DRIVE IN THEATER Suchmos」など、映画を観るだけではない、総合演出された新しいスタイルのシアター体験を全国に作り出している。
HP:http://www.ditjapan.com


■ Kan Sano(カンサノ)

キーボーディスト、トラックメイカー、プロデューサー。
バークリー音楽大学ピアノ専攻ジャズ作曲科卒業。
リリースした4枚のソロアルバムや、メンバーとして参加している松浦俊夫presents HEXは国内のみならずアジア、ヨーロッパでもリリースされ話題となり、FUJI ROCK FESTIVAL、RISING SUN ROCK FESTIVAL、朝霧JAM、Monterey Jazz Festival、フランスWorld Wide Festivalなど国内外の大型フェスに出演。
新世代のトラックメイカーとしてビートミュージックシーンを牽引する存在である一方、ピアノ一本での即興演奏ライブも展開。ジャズとクラシックを融合したような独自のスタイルが話題となっている。
http://kansano.com/


■上映作品
「ツイン・ピークス ローラ・パーマー最期の七日間」(日本語字幕/135分)

Copyright film : 1992 Twin Peaks productions
Photos © Lorey Sebastian

監督
デイヴィッド・リンチ

解説
アメリカ北西部の街ツイン・ピークスを舞台に、ローラ・パーマーが殺されるまでの7日間の出来事を描く。 米ABCテレビで放映された人気シリーズの映画化で、テレビ・エピソードの前日譚。監督・脚本は「ワイルド・アット・ ハート」のデイヴィッド・リンチ、製作はグレッグ・フィーンバーグ、エグゼクティヴ・プロデューサーはリンチとマーク ・フロスト、共同脚本はロバート・エンゲルス、撮影は「ビーチバレーに賭けた夏」のロン・ガルシア、音楽は「ワイルド ・アット・ハート」のアンジェロ・バダラメンティ、主題歌はジュリー・クルーズが担当。


Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#492495 2019-11-08 10:09:37
More updates
Thu Nov 14, 2019
7:30 PM - 11:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
HAY TOKYO
Tickets
入場料 SOLD OUT ¥1,000
Venue Address
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5丁目10-1 Japan
Organizer
Do it Theater
54 Followers